肝斑・シミ・くすみなどでお悩みの方におすすめな次世代型美白剤”シスペラ”

肝斑・シミ・くすみなどでお悩みの方におすすめな次世代型美白剤”シスペラ”をご紹介いたします。

シスペラとは?
次世代の美白クリームとして美容医療業界で注目されているシスペラは、”システアミン”という成分を5%配合した医療機関のみで取り扱い可能な美白外用薬です。美白剤として今まで多く使用されてきたハイドロキノンの約4倍の美白効果と高い抗酸化作用があり、肌への刺激が少ない点が特徴です。主要成分であるシステアミンはもともと体内に存在するアミノ酸の1種のため、安全性の高い成分です。

システアミンとは?
人体に存在する必須アミノ酸Lシステインの分解生成物で、補酵素Aの代謝サイクル中にヒト細胞によって合成される成分です。特に人の母乳に高濃度で存在する成分で、高い抗酸化作用を持ち合わせているため、酸化ストレスから体内を守る役割を担っています。優れた抗酸化作用により、メラニン形成経路に複数の作用を及ぼし、しみやそばかすを改善させます。さらに美肌効果の高い”ナイアシンアミド”を配合し、それらの相乗効果により、透明感のある肌へと導きます。

このような方におすすめ
□しみ・肝斑にお悩みの方
□ニキビ跡などの色素沈着が気になる方
□目の周り・唇のくすみ・デリケートゾーンや乳輪の黒ずみを改善したい方
□ハイドロキノンアレルギーの方
□トレチノイン・ハイドロキノン療法のダウンタイムが気になる方

使用サイクル
▽集中治療期
1日1回を16週間
美肌作りの集中期間として、はじめの16週間は毎日、1日1回使用します。

▽維持治療期
1日1回を週に2回
16週間を過ぎたら週に2回に使用回数を減らし、美肌を維持しましょう。

使用方法について
シスペラは、簡単なホームケアで効果を得ることが出来ますが、使用方法が少し独特なため、使い方については事前に確認した上でご使用ください。

1. 肌を休めてから使用する
使用前に洗顔を行う場合は、洗顔後1時間あけてからシスペラをご使用ください。※シスペラは高い浸透力を持つため、洗顔後すぐに使用すると肌に刺激が出ることが稀にあります。洗顔後の乾燥が気になる際には、化粧水・乳液等でお肌を整えた後にシスペラを塗布も可能です。また、時短テクとしては、メイクをした状態のまま塗布し、15分後にメイクと一緒にクレンジングをすることもできます。

2.15分待つ
シスペラを2~4プッシュを肌に薄く塗ったら、そのまま最低15分待ちます。熱感または軽度のピリピリ感が生じることもございますが、次第に落ち着きます。使い始めや敏感肌の方は5分程度からスタートしてください。

3.洗い流す
肌に優しい洗顔料で洗い流し、タオルで優しく水分を拭き取ります。

4.保湿する
シスペラの使用後は乾燥しやすい状態のため、しっかりと保湿をしてお肌を整えます。より良い効果を保つため日中も肌の保湿を心がけ、紫外線対策を推奨いたします。

注意事項
・シスペラを使用開始後、稀に軽い赤みや刺激を感じる場合がありますが、洗い流した後、少し時間を置くことで改善します。
・上記は正常な反応で、塗布開始から数日間続く場合がありますが、徐々に肌が慣れてきます。
・乾燥した肌に塗ると、強い赤みや刺激、発疹などが発生する場合があります。
・乾燥肌の方は化粧水や乳液などでしっかり保湿をしてから塗布してください。
・シスペラは空気に触れると酸化して茶色くなる性質があります。
・妊娠中・授乳中はご使用いただけません。

シスペラで美しい肌のための1日15分間のシンプルケア、是非試してみてはいかがでしょうか?その他ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

1本/50g ¥35,200

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
月を選択してください