幅広い診療を行っております。的確にアドバイスさせていただきます。診療項目にないお悩みでもお気軽にご相談ください。

外科処置

目元

二重まぶた

まぶたの状態によっておすすめできる施術が違ってきますので的確にアドバイスいたします。

埋没法

埋没法

メスを使わずに、糸で瞼(まぶた)を縫い二重にする方法です。糸は皮膚の中に埋没されるため、目を閉じても見えません。切る場合に比べダウンタイムが短く、短時間で終わる手軽さや安心感から人気となっています。
瞼の状態によっておすすめできる方法や必要な糸の数が変わるため、医師と相談しながら最適な方法を決めていきます。
埋没法のみでは二重になりにくい瞼の方は、目の上の脂肪取りや部分切開の併用、二重切開法もご検討下さい。

また、糸が緩み「二重のラインが薄くなった、なくなった」、「二重幅を変更したい」などの場合に備えて、1年・3年保証をオプションでつけることが可能です。

副作用:腫れ・内出血・痛み・熱感・痒み・目のごろごろ感・違和感など


埋没法の種類特徴
スタンダード法
(挙筋粘膜法)
瞼の皮膚と瞼を引き上げる上眼瞼粘膜を糸で結ぶ方法です。
リーズナブルに二重にしたい方におすすめです。
エクセレント法
(瞼板挙筋法)
瞼のすぐ裏側にある瞼板と眼瞼挙筋の境目に糸を通す方法です。
自然で元に戻りにくい二重をつくることができます。
フォーエバー法
(瞼板法)
一般的な埋没法で、瞼板に糸を通す方法です。
スタンダード法やエクセレント法に比べて、術後の腫れや内出血を抑えることができます。
ナチュラルフォーエバー法とともに当院では人気の高い埋没法です。
ナチュラル
フォーエバー法(瞼板法)

フォーエバー法と同様、瞼板に糸を通す方法です。
この方法では、極細の糸を使用しているため、術後の違和感が出にくいことが大きな特徴になります。
少しでもダウンタイムを軽減させたい方におすすめです。
バックサイド法
(瞼板法)
瞼板に糸を通す方法です。
上記4つの方法は瞼の表側に糸を出し埋没させますが、この方法は表に糸を出さずに二重をつくるため、バレにくいことが特徴です。
直後にメイクも可能なため、周囲に知られたくない方におすすめです。

【術後の日常生活について】
手術当日24時間後
目を濡らさないようにしてシャワー可洗顔・入浴・化粧可

※2日後からコンタクトレンズのご使用が可能です。
【このような方におすすめ】
・手軽に二重にしたい、仕事や学校があり長く休めない
・アイプチ・アイテープをやめたい
・元々の二重幅を広げたい
・皮膚を切る手術に抵抗がある

 

目の上脂肪取り

目の上脂肪取り

目の上脂肪とり
二重のライン上を数ミリ程度切開し、余分な脂肪を取り除く手術です。脂肪の量によって目頭側の内側、目尻側の外側を取る2種類があります。
瞼の脂肪が厚いと、目が小さく腫れぼったく見えてしまいます。この脂肪を取ることで、目が大きく見え、すっきりとした印象の目元をつくることができます。
抜糸の必要はなく、ダウンタイムも短くなっています。
埋没法を組み合わせていただくことで、さらにくっきりとした二重ラインがキープしやすくなります。

副作用:腫れ・内出血・痛み・赤み・熱感・出血など

【術後の日常生活について】
手術当日24時間後
目を濡らさないようにしてシャワー可洗顔・入浴・化粧可

【このような方におすすめ】
・瞼が腫れぼったく見える
・目の開きが弱く、目が小さく見えてしまう
・二重ラインをくっきりさせたい
・瞼が厚く、埋没法だけでは二重ラインが安定するか心配

部分切開

部分切開

部分切開
瞼(まぶた)全体が厚く、埋没法だけでは困難な方向けの手術です。
部分的に瞼に1~2㎜の切り込みを入れて、皮下脂肪・眼輪筋・眼窩脂肪を除去していく方法です。部分切開した部位は強力にラインが入るため、二重になりやすくなります。切開は基本、内・外で2カ所です。

 

二重切開術

二重切開術

二重切開術
この方法は、くっきりと深い二重ラインを半永久的に残すことができます。切開した傷は二重ラインと同化するため、時間が経つとほぼ分からなくなります。
埋没法では二重ラインが取れて薄くなってしまう方、瞼が厚く埋没法で二重を作るのが難しい方に向いている手術です。
ただ、埋没法に比べ腫れや内出血が1~2週間ほど続く場合もあります。
また瞼の状態によっては、瞼の厚みの原因となる脂肪を取り除くこともあります。

上記のスタンダード法に併用して、術後の傷にグロースファクター(成長因子)を併用することで、傷の修復力を高め、ハリを出すナチュラル法もおすすめしております。

副作用:腫れ・内出血・熱感・傷跡の赤みや盛り上がり・凹み・色素沈着など

【術後の日常生活について】
手術当日1日目~抜糸翌日~
目を濡らさないようにシャワー可目を濡らさないように入浴可洗顔・化粧可

※傷は縫合するため、1週間前後で抜糸があります。
※2日後からコンタクトレンズがご使用できます。

【このような方におすすめ】
・幅の広い二重になりたい
・瞼がとても厚く腫れぼったい
・半永久的に二重をつくりたい
・埋没法で二重にならなかった、何度も埋没法を繰り返している

目頭切開法

目頭切開法

目頭切開
目頭の上瞼(まぶた)側から数ミリ切開し、覆っている皮膚(蒙古襞)を取り除く手術です。
蒙古襞(もうこひだ)とは、目頭に上瞼がかぶさっている部分のことです。この襞(ひだ)によって目が小さく見えたり、きつい目や目が離れている印象を与えます。ここを取り除くことにより、一回り大きくぱっちりとした目に近づけることができます。また目を中央に寄せる効果もあるため、目と目のアンバランスな印象も同時に解消することができます。
当院では、三日月式、Z式、内田式の3種類の切開法をおこなっております。
数ヶ月経過すれば傷跡も目立ちにくくはなりますが、赤く残りやすい部分ではあります。グロースファクター(成長因子)を傷に注入し治りを早くする「ナチュラル法」もありますのでご検討ください。

<三日月式>
蒙古襞を縦に三日月型に切開することで、すっきりとした大きな目になります。襞を切開・切除し縫い合わせるだけの手術なため、蒙古襞の症状が軽度の方におすすめです。また、取り除く皮膚の長さや量を調整しやすいというメリットもあります。ただし、皮膚が元に戻ろうと縮むことがあり、蒙古襞がもどってしまう可能性もあります。

<Z式>
目頭にZ型に切開を入れるため、目頭の形が鋭くシャープな切れ長な目になります。無駄な圧が皮膚にかかりにくく、「ひきつれ」が起こりにくいことが特徴です。皮膚を切除する量も少ないため、目頭切開の中では比較的ダウンタイムが短くなります。蒙古襞が強く主張している方、腫れぼったい目をシャープにしたい方、におすすめです。

<内田式>
目頭にW型の切れ目を入れ、Wの中央部分にあたる三角形の皮膚を目頭の奥に差し込んで縫合します。皮膚が元に戻ろうとする力を分散させることができるため、後戻りを防ぎ、目頭切開後に起こりがちな「ひきつれ」を防止します。切除する皮膚の量はある程度調整できるため、目の横幅を変化させたり、逆に控え目に仕上げられたりと、自由度が高いところが大きなメリットです。

副作用:腫れ、内出血、痛み、熱感、かゆみ、傷跡の赤み など

【手術後の日常生活について】
手術当日24時間後抜糸翌日~
目を濡らさないようにシャワー可保護テープをご自身で外す
その後、目を濡らさないように入浴可
洗顔・化粧可

※傷は縫合するため、1週間前後で抜糸があります。
※コンタクトレンズは、2日後からご使用できます。

【このような方におすすめ】
・目の横幅を大きくしたい
・目と目が離れて見える
・平行型の二重にしたい
・きつい目をやわらかくしたい

目尻切開法

目尻切開法

目尻切開
瞼(まぶた)の目尻部分を切開することにより、横長の目元をつくる手術です。
白目の幅が広がり目が大きくなると同時に、目尻が下がる効果もあります。横方向への拡大効果は、目尻裏側に隠れている白目の量により異なります。平均で1~3mm、多い方で5mm程広げることができます。目尻の皮膚を外側に引っ張ってすぐにピンク色の結膜が見える方は、目尻切開には向いていません。

副作用:腫れ、内出血、痛み、熱感、傷跡の赤み など

【手術後の日常生活について】
手術当日24時間後
目を濡らさないようにシャワー可洗顔・入浴・化粧可

※縫合する場合は、1週間前後で抜糸があります。それまでは目元を濡らすことはできません。
※コンタクトレンズは、2日後からご使用できます。

【このような方におすすめ】
・目を大きくしたい
・目の横幅を広げたい
・切れ長の目にしたい
・目元を優しい印象にしたい

目元若返り

眼瞼下垂

眼瞼下垂の手術(切る、切らない)
眼瞼下垂により開きづらい上瞼を引き上げ、開きやすくする手術です。
眼瞼下垂とは、顔を正面に向けた時に瞼(まぶた)が瞳孔の上まで充分にあげられない状態をいいます。片側・両側の場合があります。先天性のもの、コンタクトの長期使用、加齢によるたるみなど、様々な理由で起こります。瞼をきちんと上げることが困難になるため、無意識に額の筋肉を使って瞼を上げようとします。そのため眉毛の位置が上がり、額にしわが寄る原因にもなります。
上瞼が落ちて眠そうに見える、瞼が重い、小さな目がコンプレックス、などの方にこの手術はおすすめです。黒目の見える範囲が広くなり、目力アップに繋がります。
重度の場合、眼科や形成外科で保険適応になる可能性もありますのでご注意ください。

<切る方法>
二重のライン上で上瞼を切開して、挙筋腱膜(瞼を引き上げる役割のある筋肉)を短縮する方法です。しっかりと眼瞼を持ち上げることができ、同時に二重をつくることも可能です。切開するため術後の傷跡が残りますが、次第に目立ちにくくなります。

<切らない方法>
上瞼に糸をかけ挙筋腱膜を持ち上げ、眼瞼下垂を改善する方法です。糸は埋没されるため見えなくなり、ダウンタイムも短くすみます。ただ切る場合に比べ、目の開きを大きくする効果がやや弱く、術後の後戻りも起こりやすくなります。

副作用:痛み、腫れ、内出血、熱感、赤み など

【術後の日常生活について】
手術当日翌日~
洗顔・化粧・シャワー可入浴可

※コンタクトレンズは2日後からご使用できます。

【このような方におすすめ】
・瞼が重たい
・黒目が大きく見える開きがいい目にしたい
・目を頑張って開けると額にしわが寄ってしまう
・瞼が上がりにくいことによる物の見づらさ、頭痛や肩こりがある

目の上のたるみ取り

目の上のたるみ取り

目の上たるみ取り
二重ラインに沿って切開し、たるんでしまった余分な皮膚を取り除く手術です。
上瞼(まぶた)のたるみが出てくると目が小さく見えて、老けた印象に見られてしまいます。また視野が狭くなると、目が疲れやすくなり頭痛や肩こりを引き起こす原因にもなります。 このたるみを取ることにより、若々しいすっきりとした印象の目元を手に入れることができます。
また、二重を同時に作ることも可能です。傷は二重ライン上、しわに合わせてつくられるため、ほとんど目立たなくなります。

上記のスタンダード法に併用して、術後の傷にグロースファクター(成長因子)を併用することで、傷の修復力を高め、ハリを出すナチュラル法もおすすめしております。

副作用:腫れ・内出血・痛み・熱感・傷痕の赤みや盛り上がり・色素沈着など

【術後の日常生活について】
手術当日1日目~抜糸翌日~
目を濡らさないようにシャワー可目を濡らさないように入浴可洗顔・化粧可

※傷は縫合するため、1週間前後で抜糸があります。
※コンタクトレンズは2日後からご使用できます。

【このような方におすすめ】
・上瞼がたるんで老けて見られる
・瞼が重く、たるみで二重のラインが隠れてしまっている
・上の方が見えづらい

目の下のふくらみ取り

目の下のふくらみ取り

目の下ふくらみ取り
下瞼(まぶた)の内側(粘膜)を数ミリ切開し、袋状の脂肪を取り出す手術です。
余分な脂肪を取ることでハリのある若々しい目元をつくり、お顔の印象を若返らせることができます。また下瞼の内側を切開するため、顔の表面に傷が残らないのも大きなメリットです。
脂肪の袋は、内側・真ん中・外側の3つに分かれています。全ての脂肪を取り除くと、逆にくぼみが目立つことがありますので、その方に適した量の脂肪を見極めて取り出していきます。
より自然な仕上がりにできるよう、術後の傷に肌再生効果の高い薬剤を注入することも可能です。

副作用:腫れ・内出血・痛み・熱感・目のゴロゴロ感・目の下のシワ・違和感・凹みなど

種類特徴
スタンダード法一般的な方法です。
切開幅が大きいため、ダウンタイムが長引く可能性があります。
ミクロカット法切開幅が小さく、比較的ダウンタイムが短くなります。
ナチュラル法ミクロカットに加え、グロースファクター(成長因子)を傷跡から注入します。細胞の増殖促進により、ダウンタイムを短く、きれいな仕上がりにできます。
ハイパー法ミクロカットに加え、ベビーコラーゲンを注入します。ヒト胎盤由来のコラーゲンで、肌にハリツヤを出し、よりきれいな仕上がりにしてくれます。
パーフェクト法ミクロカットに加え、コラーゲンブースター(ミラクルH+ベビーコラーゲン)を注入します。PCLとヒアルロン酸を含むミラクルHで強力なコラーゲン生成を促し、自然な若々しい仕上がりにできます。

※コンタクトレンズは2日後から使用できます。
【このような方におすすめ】
・目の下にクマやふくらみがあり、疲れた印象に見られてしまう
・老けて見られる
・半永久的な効果を希望される方
・傷跡を残したくない

目の下のたるみ取り

目の下のたるみ取り

目の下たるみ取り
目の下のしわやたるみ、クマを改善する手術です。
下瞼(まぶた)は特に皮膚が薄い為、加齢により細かいしわができやすく、同時に目元周囲の筋肉なども衰え、たるみが出てきてしまいます。
下睫毛の生え際からギリギリの部分を切開し、伸びてしまった皮膚のたるみを切除し縫い合わせることで、しわやたるみ、クマを改善します。状態によっては、目の下のふくらみ取りと組み合わせると効果的です。

上記のスタンダード法に併用して、術後の傷にグロースファクター(成長因子)を併用することで、傷の修復力を高め、ハリを出すナチュラル法もおすすめしております。

副作用:痛み、熱感、腫れ、内出血、突っ張り感 など

【手術後の日常生活について】
手術当日24時間後抜糸翌日~
目を濡らさないようにシャワー可保護テープをご自身で外す
その後、目を濡らさないように入浴可
洗顔・化粧可

※傷は縫合するため、1週間前後で抜糸があります。

【このような方におすすめ】
・目の下のしわ、たるみが気になる
・クマがあり疲れて見える
・目の下に影が出て気になっている

眉下リフト

眉下リフト眉下リフト加齢によって瞼(まぶた)がたるむとその皮膚が目の上に被さってきます。そうすると目つきが悪くみえるなど、視野を妨げてしまいます。この手術は眉下ギリギリを切開することで、傷を極力目立たないようにして瞼のたるみを改善する手術です。たるみは気になるけど二重のラインはあまり変えたくない、もしくはたるみだけが気になる方におすすめです。眉毛と目の距離は若干縮まります。

副作用:痛み、内出血、腫れ、傷跡の赤み など

【術後の日常生活について】
手術当日1日目~抜糸翌日~
目を濡らさないようにシャワー可目を濡らさないように入浴可洗顔・化粧可

※傷は縫合するため、1週間前後で抜糸があります。

【このような方におすすめ】
・瞼のたるみが気になる
・目尻が垂れてきた
・視野が狭くなってきた
・眉毛から目までの距離を縮めたい

二重戻し

二重戻し
埋没法後、「元の目に戻したい」「二重幅を変えたい」時などに、糸を抜糸する手術です。
埋没後からの期間が長いほど糸が見つかりにくく、また糸が組織と癒着しているため、ダウンタイムが長くなる可能性があります。
二重のラインに沿ってメスで部分的に切開し抜糸するため傷跡ができますが、数ヶ月程度で目立たなくなります。
他院で埋没法をされた場合でも、当院で手術は可能です。

副作用:赤み、痛み、内出血 など

【術後の日常生活について】
手術当日24時間後
目を濡らさないようにしてシャワー可洗顔・入浴・化粧可
※しみる・痛みがある場合は控えて下さい

【このような方におすすめ】
・元の目に戻したい
・職場や学校にバレてしまった

安心麻酔セット

安心麻酔セット

手術が怖い・不安、できるだけ痛みやダウンタイムを軽くしたいという方におすすめのセットです。
麻酔や手術の不安感・緊張感を和らげ、リラックス効果を与えてくれる「笑気麻酔」、麻酔時の注射針の”チクッ”とする痛みを感じにくくする「冷却(クーリング)」、麻酔の注射の痛みをできるだけ抑えるための「極細針」の使用、抗炎症・殺菌作用により術後のダウンタイムを軽減できる「シンエック」、安心して手術を受けられるようにしたお得なセットです。

■笑気麻酔
亜酸化窒素と酸素を混ぜたガスを鼻から吸う吸入麻酔です。
笑気麻酔を吸入することで、酔ったような感覚や頭がぼんやりした感覚になるため、心身の緊張をほぐしリラックスした状態で施術が受けられます。また、鎮痛作用もあるため、手術中の痛みを和らげる効果も期待できます。
吸入を止めて数分後には元の状態に戻るので、すぐに帰宅することも可能です。
手術に対して不安や恐怖心がある方、痛みが心配な方はご使用をおすすめします。

■表面麻酔
リドカインという薬を使用した肌表面に効果のある麻酔です。
麻酔が肌表面に浸透することで感覚が鈍くなり、一時的にしびれたような状態になるため、痛みを感じづらくなります。部位に応じて、クリームもしくはテープタイプのものを使用します。
ヒアルロン酸などの注入や、レーザー治療の痛みが心配な方におすすめです。

■シンエック
手術の腫れや内出血を軽減させることができる、FDA認可の天然成分の医薬品です。
シンエックには抗炎症作用・殺菌作用があり、術後の腫れや内出血を軽減させ、回復を早める効果があります。
ダウンタイムをできるだけ軽く・短く抑えたい方におすすめです。

4日分 ¥11,000  ※こちらが通常の服用日数分になります
2日分 ¥5,500

目元の施術のワンポイント

目元はダイレクトに見られるところですから、施術後の腫れなど不安も多いかと存じます。当院では独自に研究し様々な方法をご提供致しております。具体的な違いはしっかり説明させていただきますのでお気軽にご来院ください。

 

お気軽にお問い合わせください。096-321-6886(予約制)FAX 096-374-8810開院時間 10:00-19:00 [ 不定休 ](最終受付18:00)

メールでのお問合せはこちら