シミやそばかす、肝斑でお悩みの方へ  トーニングという方法をご紹介します。

横顔の綺麗な女性トーニング

今年に入りコロナが猛威を振るっているため不安がつきませんね。
引き続き、体調面でご心配な方は無理をなさらずまずはご自身やご家族優先でお考えください。

今回はシミやそばかす、肝斑でお悩みの方へ、トーニングについてご説明致します。
トーニングは主に肝斑、しみ、ムラのある肌を改善していく治療です。
非常に弱いパワーでお顔の広範囲にレーザーを照射し、刺激を与えずに蓄積したメラニンを減らしていきます。
2週間に1回のペースで照射していくことで、メラニンが排出され、シミのない肌へと導きます。
基本的に肝斑にはレーザーは禁忌とされていますが、トーニングでは低出力かつパワーが均一に照射されるため周囲の正常な皮膚にダメージを与えることなくより安全に治療することができます。
特に肝斑が気になっておられる方はトーニングと内服薬(シナール・トラネキサム酸)を一緒に服用されると、より早く効果があらわれます。
照射中はパチパチとゴムで弾かれる感覚がありますが、耐えられないほどの痛みはありません。
マスクをしているので、日焼け対策がおろそかになってしまっている方も多いようです。
時期的に、またマスクだから大丈夫ということは絶対にありません。
引き続きしっかり日焼け対策をして、いつでもマスクが外せるよう素肌美人を目指しましょう。