シミ治療に最新ピコレーザー治療が選ばれています

しみピコ

まだまだマスク生活が続きますが、マスクでお顔が隠れている時こそオススメな治療をご案内します^ ^

◉しみ、そばかす、ADM、母斑など、様々な肌悩みに効果的なピコレーザー。

ピコレーザーとは、シミ・くすみに効果的なトーニング治療(メラニンを減らす治療法)を進化させた治療機器です。シミ治療は、そのシミの特性に合わせたレーザーの波長と照射時間(パルス幅)がとても重要となります。従来のシミ治療に使用されてきたレーザーは、パルス幅が「ナノ秒」であるのに対し、ピコレーザーのパルス幅はさらにその1000分の1秒の「ピコ秒」という非常に短いパルス幅を実現しています。「ピコ秒」という極めて短い照射時間のため、従来のレーザー機器と比較して熱ダメージが少なく、痛みの少ない治療が可能となりました。

◉ピコレーザーはこんな方にオススメ

シミ、そばかす
年齢と共に増えるシミ。皮膚ターンオーバーのサイクルが鈍ってくると、肌に色素が蓄積されシミになっていきます。しかしお肌に出てくるシミは、紫外線によって出来てしまったシミばかりではありません。顔のシミ治療を考える人多くの女性に、肝斑があると言われています。肝斑はホルモンバランスの崩れなどによって、炎症性の色素沈着を起こしているといわれているため、肌に刺激を与えるレーザー治療は不向きだと言われていました。しかしピコレーザーは炎症を起こさせないように弱い出力で照射し、メラニンを少しずつ壊していくことが可能なため、肝斑の治療にも非常に適しています。

あざ
ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)、太田母斑、蒙古斑などのアザも複数回の治療で効果が期待できます。あきらめていた方もご相談ください。特に、肝斑と似ているシミ(あざ)はいくつかあり「ADM」や「太田母斑」などは診断が非常に難しいとされています。ノアージュでは、医師がお一人お一人の肌をみて、それぞれのシミがどんな種類もので、どの治療法が最適なのかをご提案いたします。

◉ピコレーザーの特徴
痛みが少ない
ピコレーザーはピコ秒という非常に短い照射で熱ダメージが少ないため、痛みが少なく肌に優しい治療が可能です。※痛みの感じ方には個人差があります。

短期間で効果を実感しやすい
従来のレーザーに比べ、ピコレーザーは色素の粒子をより細かく破砕することができます。細かく破砕された色素は体の代謝機能で排出されやすくなります、そのため、少ない施術回数でも美白の効果が期待できます。※治療回数は個人差があります。

レーザー治療風景

◉治療後の注意点
・治療後10日間は治療部位のテープを剥がさないようにして下さい。
(剥がれた場合に備えて、替えのテープと軟膏をお渡しします。)
・10日後はテープをご自身で剥がしてください。
・紫外線対策を心がけてください。

◉合併症・副作用
・治療中は瞬間的な痛み、治療後にひりついた痛みがあります。(数時間でよくなります)
・治療部位の色が一時的にピンク色になります。(数ヶ月たつと肌色に近づいていきます)
・かさぶたができる場合があります(自然に剥がれますので無理に剥がさないで下さい)
・稀に炎症性の色素沈着になり、茶色い色が残ることがあります。