目頭切開

目頭切開
日本人は目頭の部分に皮膚の被さりがあることが多く、これを蒙古襞(もうこひだ)といいます。
このひだがあると、目が小さい印象だったり、平行型の二重になりにくいとされています。
目頭切開の手術はこの蒙古襞を取り除き、目元の印象を変える施術のことです。

この手術にはたくさんの手術法があるのですが、当院では三日月法とW法(内田法)と呼ばれる方法で行っています。

三日月法は、目頭の内側の皮膚を切除して縫合していく、非常にシンプルな術式で、大きな変化を望んでいない方向きとなっております。

また、W法(内田法)は文字通り目頭の皮膚をWの字に切開し、Wの字の尖っている部分の皮膚を切除して縫合していく方法です。
こちらの術式はガラリと目の印象を変えたい方向きで、目頭部分がやや鋭角になります。この手術は数ミリ切開したとしても目元の印象は大きく変化しますし、元々目と目の間が近い方は、目頭を広げるとより寄った印象になりますので、中には不向きな方もいらっしゃいます。
1週間後に抜糸があり、その後数ヶ月は赤みや傷跡が目立つことも予想されますが、徐々に傷は目立たなくなっていきます。
お正月休みなどの長期休暇のある時に手術されることをお勧めしております。

まずはカウンセリングだけでも是非お待ちしております。