隆鼻術

隆鼻術

ご存知の通り、美容外科手術にはダウンタイムがつきものです。
ダウンタイムとは施術後腫れたり、内出血が出たりなどの状態から元に戻るまでの期間のことを言います。
忙しい日本人にとっては長期の休暇がなかなか取れず、ダウンタイムがあることにより外科手術に踏み出せない方も多いようです。とはいえ今はコロナ感染症の流行によりマスクが欠かせません。これを利用して最近はお問い合わせそのものが大変増えつつあります。
警戒レベルは下がりましたが、その分当院も徹底した対策を行なっておりますので安心してご来院くださいませ。

最近のお問い合わせで多いのがお鼻を高くしたいというご相談です。
1番簡単な方法としてはヒアルロン酸を注入して高さを出すことです。
金額も安価でダウンタイムそのものも少ないため人気ではありますが数ヶ月で吸収されるため繰り返し入れていかなければなりません。
中でもクレヴィエルというヒアルロン酸はほどよい硬さがあり、鼻や顎など形を成形するのに効果的です。持続期間も2年となり大変長く持ちます。

半永久的なものとしてはプロテーゼを挿入する方法です。
鼻筋にポケットを作り、そこから人工軟骨を入れます。L型とI型がありますが、L型は鼻先への負担が大きいため、現在はどこのクリニックでもI型を使用することが多いようです。
ご希望に応じて高さを調整することができ、プロテーゼは院長が丁寧に加工してその方の鼻に合わせていきます。
施術後は24時間テープ固定をし安静にお過ごしいただきます。
腫れ等数日出てきますがマスクで上手く隠すことができますので、お悩み中の方はまさに今かもしれませんね。
コロナによりできないことが多いですが、こんなときだからこそできることにも目を向けて自分磨きしてみませんか?