肝斑、しみ、色ムラの改善

ピコトーニング

トーニングは肝斑、しみ、色ムラの改善を行う治療です。
弱いパワーでお顔の広範囲にレーザーを照射していくことで、刺激を与えずに蓄積したメラニンを減らすことが可能となりました。
回数を重ねるたびにメラニンが排出され、メラニンの量も少なくなるため透明感のあるお肌へと導きます。
基本的にレーザーは肝斑にはあててはいけないとされてきましたが、トーニングでは低出力でしかもパワーが均一に照射されるため周囲の正常な皮膚にダメージを与えることなくより安全に治療することができます。
肝斑が気になっておられる方はトーニングとトラネキサム酸のセットは非常におすすめです。
トーニングは最低でも10回以上は必要です。内服も3ヶ月は続けましょう。
肌治療は根気強く、努力された方には必ず結果が見えます。
トーニングの効果は肝斑だけでなく、毛穴を引き締め小さくさせる効果もあります。
2週間1回のペースがベストです。
パチパチとゴムで弾かれる感覚がありますが、大きな痛みはありません。
すでに多くの方からご予約を頂いております。
引き続きお待ちしております。