小鼻縮小術

小鼻縮小術
顔の中心でもある鼻にコンプレックスをお持ちの方は多くいらっしゃいます。
高さがない、大きい、だんご鼻、わし鼻など、様々なお悩みをお聞きします。
鼻は顔全体のバランスに影響する特に大事なパーツと言えます。
今回はその中でも小鼻に注目したいと思います。
小鼻のご相談も大変多いです。
例えば小鼻が横に張り出しているため、鼻全体が大きく見える、鼻の穴が大きい、スッキリとした印象にしたいなど、このようなご相談があります。
そこで当院では小鼻縮小術をご提案しております。
小鼻の大きさや鼻の丸みに応じて外側からアプローチするのか内側からなのか院長が判断します。
どちらにしても傷跡が目立たない部分を切除し、縫合していくため仕上がりはとても自然です。
確実な効果としては外側から切開するのが一番と言われています。
小鼻の外側の溝に沿って、余分な皮膚や組織を除去し縫合する方法です。
大きく見える鼻の穴も小さくなります。
傷跡は小鼻の外側の溝部分にできますがほぼ分かりません。
一週間後の抜糸までは刺激を与えたり、強く鼻をかんだりなどはお控えいただきます。
抜糸後数カ月間赤みが出てくるかもしれませんが、特にご心配する必要はございません。
カウンセリングの際にシミュレーションもできますので、まずはご相談にお越しください。