目の下のふくらみ取り

目の下のふくらみ取り
目の下のくまやふくらみは年齢ととも目立ってきます。その原因となっているのが眼球下の脂肪、つまり眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれるものが上まぶた裏をつたって下におりてくるためです。
これは外科的な方法で皮膚を傷つけることなく簡単に改善させることができます。
手術の流れとして、まずしっかり局所麻酔をし、その後下まぶたの中の粘膜を数ミリ切開します。(皮膚表面は一切傷がつきません)
切開したところより脂肪が出てきますので、その出てきた脂肪を取り出すだけとなります。
抜糸や通院の必要はありません。
あっという間にふくらみはなくなり、若々しい目元に仕上がります。
しばらくは内出血がでますのでお仕事などスケジュールの調整をされた上でご予約させることをお勧めいたします。
ふくらみが大きく出る前に除去していた方が後々たるみが目立ちにくくなります。
無料カウンセリングのご予約お待ちしております。