当院二重術にて一番選べれている埋没法

二重の女性美容医療のなかで最も症例数が多いものと言えばおそらく二重術でしょう。
その中でも埋没法といわれる切らずに二重を作る方法はダウンタイムも少なく短時間で終わります。
埋没法はまぶたに糸を通すだけで自然な二重のラインができます。
その方の皮膚の厚み、たるみなども考量した上で一番自然に二重が出来上がるような術式で仕上げていきます。美容外科医のセンスと経験が一番試される部分ですね。
埋没法のメリットとしては冒頭でもお伝えしたとおり、切るわけではないので、腫れが少なく表面の傷がないこと、非常に手軽な治療法であることなどがあげられます。
逆にデメリットとしては、元に戻ってしまう可能性があること、脂肪の多い方など稀に不向きな方がいらっしゃるというのもその一つかもしれません。

腫れはどの程度か皆様心配されますが、わかりやすく言うと、たくさん泣いてしまった翌日は目が腫れぼったく、重い感じがしませんか?
そのようなぐらいを想像していただくと良いかもしれません。

またどのくらいで元に戻ってしまうのか?というご質問もよくいただきますが、これはもともとのまぶたの状態で異なりますのでなんとも言えません。
ただ、例えていうならば、裁縫を考えてみてください。
ボタンが取れてしまった場合、ボタンと衣類を縫い合わせたあと最後に玉止め
を必ずされるでしょう。ただどんなにしっかりと止めたとしても摩擦やその他の要因で糸がだんだんゆるみまた取れてしまったということがありませんか?
まさにそれと似たような原理です。

最初からそのようなことがない為にも切開法という方法をご希望される方もいらっしゃいますが、いずれにしてもまずは診察をお受けになられる方がよいと思います。
二重の施術後は非常に化粧が楽だとか、アイメイクが楽しい,何十年も悩んでいたからもっとはやくすればよかった。。など嬉しいお言葉いただきます。

当院は保証期間制度も手術により採用しています。保証期間中は取れても緩んでも安心です。
カウンセリングは無料です。他院にご相談後にセカンドオピニオンで来られるかたも多くいらっしゃいます。

ご予約お待ちしております。