超高濃度ビタミンC点滴療法 体の中から美しく

 はまる女子急増中   超高濃度ビタミンC点滴療法

内服薬では絶対に摂ることができない超高濃度のビタミンCを点滴し、体内のビタミンCの血中濃度を急激に上げることで飛躍的な効果をあげる治療法です。

初回は必ず血液検査を受けていただき、医師の許可がでれば点滴を受けていただくことができます。

超高濃度ビタミンC点滴とは?

超高濃度ビタミンC点滴療法は、ノーベル賞受賞者でもあるライナス・ポーリング博士によって研究・発表されました。その後、2005年にアメリカの国立衛生研究所(NIH)、国立癌研究所(NCI)、食品医薬品局(FDA)の研究者が共同で、高濃度ビタミンC点滴療法ががん細胞のみに選択的に働くという研究結果を出したことで治療が広がるようになりました。
内服薬では、いくら大量にビタミンCを接種しても一定濃度以上にはビタミンCの血中濃度は上がりません。高濃度ビタミンC点滴であれば、血中濃度は投与量に比例して上昇し、十分な効果のあるレベルまで上げることが可能になります。
現在では、抗がん作用のみならず、アンチエイジングや美肌、抗炎症作用、免疫力強化などを目的として広く治療が行われております。

超高濃度ビタミンC点滴の効果

  • メラニンの合成抑制(しみ・肝斑の改善、美肌・美白効果)
  • コラーゲンの生成促進(しわやたるみの改善、皮膚にハリを持たせる)
  • 抗アレルギー作用(アトピー性皮膚炎の改善)
  • 肌の保水力アップ
  • 免疫力強化(風邪の予防・疲労回復・精神安定作用)
  • 抗酸化作用(生活習慣病予防、アンチエイジング)
  • 抗がん作用(がん細胞に選択的に毒性を発揮することでがん予防・がんの抑制効果)

超高濃度ビタミンC点滴の副作用

ビタミンCは水溶性ビタミンのため、尿中に排泄されるため過剰摂取による心配はなく、ほとんど副作用は見られませんが、のどが渇くことがあります。
また、肝臓と腎臓の機能が悪い方は注意が必要になりますので、初回及び数か月ごとに血液検査にてチェックします。

禁忌

  • G6PD欠損症・・25g以上の高濃度ビタミンC点滴によって溶血(血が壊れること)を起こしてしまう可能性があります。以前に指摘されたことがある方はお申し出ください。
  • 腎臓が悪い方
  • 糖尿病の方・・超高濃度ビタミンC点滴を受けた数時間は、簡易血統測定器で測ると血糖値が高くなります。実際の血糖値に変化を与えるわけではありませんので、それほど心配はいりませんが、自己血糖測定をし、インシュリンの量を決めている方の場合は注意が必要になります。

     

    興味があられる方は、ご相談ください。